LINE TEL

平野区瓜破・松原市・八尾市 針田整骨院

Blog記事一覧 > 鍼灸の記事一覧

捻挫について。

2021.01.27 | Category: 平野区,治療,転倒,鍼灸

今回は捻挫についてご紹介したいと思います。

 

よくあるものとしてはやはり足首の捻挫でしょう。

何気ない動作の際に足首をグリっと捻ってしまうという経験を

皆さん今までに一度はされているのではないでしょうか。

直後はとても痛いけど少し経ったら痛みも引いてきたし大丈夫なんてことをしていると

痛みが引いた後の生活に影響を及ぼすかもしれませんのでご注意ください。

 

そもそも捻挫とはどんな状態のことをいうのでしょうか。

捻挫という言葉は知っていても意外とご存じではない方が多いかと思います。

捻挫とは「関節やその周辺にある筋肉や軟骨などの組織に力が加わることで損傷する」ことを指します。

ですので身体のどの関節でも起こりうる症状なのです。

 

症状として顕著なのは痛みと腫れが挙げられます。

これらは患部の中で炎症が起こるくらい損傷していることを表しています。

捻挫を起こしたら患部を冷やし圧迫することが症状の悪化を防ぐ手立てとなります。

もし軽く考えて放置しているといつの間にか伸びた靱帯がさらに傷ついたり

他の組織が硬くなったりして関節の動きの妨げになることがありますので

当院のような専門家による適切な処置を受けてください。

 

同じ個所を何度も捻挫してしまうと癖になってしまいます。

そうなると関節自体がグラグラしたり動きが悪くなることもありますので

捻挫してしまったかなと思ったら時間を空けずにすぐお越しください。

ご予約のお電話お待ちしております。

問診について

2021.01.23 | Category: 平野区,当院からのお知らせ,鍼灸

新人鍼灸師のiです。今日は問診について少しお話しようと思います。

初めて来院される患者さん(新患さん)に対して問診をする際に一番重要なのは、その先生が信頼できるかどうかです。お互いに顔を知らない者同士、自分自身の抱えた症状を治してくれるのか、又は自分の身体を任せてよいのかを最初の問診の段階で問われます。しっかり面と向かい、目線を合わせ、自身の困っている状況に親身になって話を聞いてくれる、これらの事が出来て初めて信頼関係が生まれます。

一方で患者さんの顔を見ず、ただただメモを取り、微妙な間を空け問診をする先生と患者さんとではその様な関係は作れません。前述しましたが、お互い知らない者同士だからこそ、初めの問診が一番重要なのです。っと、新人鍼灸師は考えます。

 

私も問診の練習を行いますが、まったくもって上達しません。一朝一夕で上手くなるものではありませんが、今年中には新患さんの問診を任せてもらえるよう努力していきたいと思います。

 

以上、新人鍼灸師のiでした。

腱鞘炎について。

2021.01.20 | Category: 平野区,未分類,治療,鍼灸

一般的によく知られた症状として「腱鞘炎」というものがあります。

指や手首をよく使ったりすると動かしたときに痛みや動かしにくさが起こるというものです。

力強く握って作業を行う職人の方や指をよく使うパソコン業務をされる方、

最近ではスマートフォンの操作で親指に起こることも多くなっています。

 

骨と筋肉の間には「腱」と呼ばれる組織があって

その腱を包んでいる通り道のような部分を「腱鞘」と言います。

腱鞘炎はその名の通り、この腱と腱鞘が擦れて炎症を起こす症状になります。

炎症を起こすと狭い通り道である腱鞘がさらに狭くなり

擦れやすくなったり引っかかったりしやすくなります。

腱鞘炎になっている時に指や手首を動かすと患部が擦れてしまうので

さらに悪化するという悪循環に陥りやすくなります。

そんな時は出来るだけ使わないようにして休めるようにしてください。

 

当院ではハリ治療や超音波による治療を行っています。

手首に痛みを感じてお困りでしたら一度お越しください。

ご予約のお電話、お待ちしております。

肉離れ(筋挫傷、筋断裂)について。

2021.01.13 | Category: 平野区,治療,鍼灸

ここのところ急に寒さが増し、空気も乾燥しています。

最近の新型コロナウイルス広がりを受けて

大阪にも緊急事態宣言をまた発令とのことですが

当院は通常通りの営業を続ける予定ですので

身体の不具合がありましたらどうぞご活用ください。

 

さて、今回は「肉離れ」についてご紹介します。

スポーツをされる方なら肉離れという言葉はご存じと思いますが

筋肉があるところであればどこでも起こりうるものです。

特に起こりやすいのが太ももやふくらはぎです。

急な負荷や強い力がかかると筋肉の繊維の一部が断裂し

激しい痛みや力が抜ける感覚、患部に凹凸や内出血などが起こります。

発症時に「ブチッ」と筋肉が切れるような音が聞こえることもあるので

肉離れと名前が付いていますが医学的には「筋断裂」や「筋挫傷」と言われます。

 

原因は疲労の蓄積、加齢、ウォーミングアップの不足などで

身体が硬くなりやすい状態が元々あることが多いと考えられます。

そこに無理な力が加わると断裂に至るので日頃から体をほぐしておくことが大事です。

 

処置としては肉離れが発症してから早い段階でアイシング、圧迫固定することが大切です。

患部の内部では断裂による炎症が発生し大きく腫れてしまうと動けなくなる方もいます。

そのために冷やして圧迫固定することで痛みと腫れを最小限に抑えることを目的としています。

筋肉痛と思うような軽い肉離れや発症してからしばらく経っている場合は

冷やしたり圧迫固定したりするのはあまり効果がないかもしれませんが

硬くなった筋肉がシコリのようになって痛みや動きにくさが続くこともあります。

 

硬くなった筋肉を当院ではハリ治療や整体でほぐして軽くすることが出来ます。

特にスポーツをされる方はぜひ一度お越しください。

ご予約のお電話、お待ちしております。

ぎっくり腰(急性腰痛症)について。

2021.01.06 | Category: インナーマッスル,体幹,平野区,治療,腰痛,鍼灸

1月5日より当院も2021年の診療をスタートしました。

新型コロナが増えている状況ではありますが

手洗い、うがい、マスクなどのご自身で出来ること以外では

健康を維持して免疫力を保つことが大切です。

身体に違和感や不具合を感じられたら

早めの対策を講じるためにも当院をご活用ください。

 

さて、本日来院された患者さんの中に

お正月の間でぎっくり腰になられた方がおられたのでご紹介したいと思います。

ぎっくり腰とは正式には「急性腰痛症」といわれます。

この急性腰痛症、実は原因がはっきりしていません。

突然腰に痛みが走り動けなくなることから欧米では「魔女の一撃」とも言われています。

 

症状は神経の痛みや麻痺などを伴わず、筋肉や関節に痛みがあるのに

レントゲンやMRIなどでは特に異常は見られないようなものをいいます。

その多くは最初の3日間くらいが痛みのピークとなり、その後緩やかに治まっていきます。

自然と治っていくものではありますが動けなくなったり痛みが続いたりすることを考えると

癖になって再発しやすくなる前にしっかり治療を行うことをお勧めします。

 

また、もし腰から足でしびれや麻痺を感じられるのであれば

ヘルニアや他の症状の可能性もありますが決してご自身で病名を判断しないでください。

ご自身で決め付けたために発見が遅くなり症状が悪化するケースが意外と多いからです。

そうならない為にもまずは一度、当院までお越しください。

診断したのち必要であれば信頼できる病院をご紹介いたします。

 

急性腰痛症は軽い痛みのものから激痛を伴うものまで様々です。

重いものを持った時に起こるように思われるかもしれませんが

顔を洗う時やお辞儀をした時にも起こることがあります。

これらは急に腰へ痛みが出てくるように感じますが

疲労の蓄積や普段の体の使い方によって起こりやすい状況が出来ていることがほとんどです。

生活に支障をきたさないためにも治療と共に普段の生活習慣も見直しましょう。

 

ぎっくり腰を繰り返している方、早く治したい方、再発をさせたくない方など

腰の症状でお困りの方はぜひ御来院ください。

皆様のご予約お待ちしております。

緊張型頭痛と当院からのお知らせ。

2020.12.30 | Category: 平野区,当院からのお知らせ,気分めいり,治療,肩こり,自律神経調整,鍼灸,頭痛

今回は頭痛の中でも一番多いと言われている「緊張型頭痛」についてご紹介します。

 

その名の通り体の緊張からくる頭痛になります。

この頭痛は運動不足や生活習慣などから肩や首のコリが酷くなると

血流の流れが悪くなったり筋肉の緊張状態が続くことで起こりやすくなります。

慢性的な強いストレスにさらされて自律神経が乱れたり、

ずっとパソコンやスマートフォンの画面を見て目の周りの筋肉が緊張し続けることで

首や肩の緊張が起こり緊張型頭痛に至ることも多いです。

今の現代人の生活スタイルではこの頭痛が起こりやすいとも言えます。

 

症状としては

・首肩のコリや疲労感

・ギューッと締め付けるような感じがする

・仕事などを頑張っていると起こる

・目がとても疲れる

などを伴うことも多く継続して起こることもよくあります。

 

一般的な市販薬などのお薬を服用することで痛みを和らげたりすることも出来ますが

根本的な解決とはなりませんので運動や生活習慣の見直しをされることが大事です。

当院では解消していく手立てとしてハリ治療をお勧めしています。

肩や首周りの筋肉の緊張を和らげて頭部への血流の流れを良くします。

定期的に続けることで緊張しにくくして頭痛を起こさないようにしましょう。

 

~お知らせ~

本年の営業は本日12月30日(水曜日)の午前中まで、来年の営業は1月5日(火曜日)からとなります。

本日より年末年始にかけて寒い日が続くようですので体調を崩さないように気を付けましょう。

来年も皆様の御来院を心よりお待ちしております。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の症状。

2020.12.23 | Category: 平野区,治療,肩こり,鍼灸

皆様は「肩関節周囲炎」という症状をご存じでしょうか。

一般的には「四十肩・五十肩」と呼ばれる肩回りの症状のことです。

四十、五十の年齢に伴う症状のように思われがちですが

ある程度の年齢より上になれば誰にでも起こりうる可能性がありますので

四十肩、五十肩という名前の数字は参考程度とお考えください。

 

さて、この肩関節周囲炎の特徴ですが

・腕を挙げたり肩を動かしにくくなる

・夜間に肩が痛くなる(昼間でも起こるときがあります。)

・肩回りに突然痛みが出てくる

などが挙げられます。

ご自身の髪の毛に触れたり腰に触れたりするような動作がしづらいのも

この肩関節周囲炎に当てはまる症状の一つです。

日常生活の中での腕の動きに影響してきますので生活に支障をきたすことも多くなります。

 

原因がはっきりしているわけではないのですが

肩関節やその周辺の組織で老化や使い過ぎによって炎症が起きることで

痛みや動きづらさに繋がるのではないかと考えられています。

自然回復するとは言われていますがそのままで必ず完治するとは限りません。

回復してもその期間は数か月から数年におよび、ある日突然良くなることもあります。

 

この肩関節周囲炎ですが当院ではハリ治療をお勧めしています。

直接患部の奥に刺激を伝えて内部の血行を良くすることで回復を促します。

治療期間は長くなるかもしれませんが辛い症状を少しでも早く治しましょう。

肩関節周囲炎でお悩みの患者様の御来院をお待ちしております。

整骨院スタッフで良かった事

2020.12.19 | Category: 平野区,当院からのお知らせ,治療,鍼灸

新人鍼灸師のiです。本日は整骨院スタッフとして働いていて良かったと思えた、些細な出来事を紹介したいと思います。

 

先日、実家に帰り両親・姉家族と会ってきました。その際に、母・姉・義理の兄に新人鍼灸師なりの治療を施しました。拙い手技ではありますが、3人とも大変喜んでくれたのを覚えています。好き勝手生きてきた私ですが、母の喜ぶ顔を見ると、この仕事に就いていて良かったと思うと共に、些細ではありますが親孝行ができたのかなと嬉しく思いました。

また、早く一人前の技術を身につけ、来院される患者さんに対しても、家族と同じような感謝をしていただけるよう、まだまだ精進していきたいと思いました。

寒い日が続いています。お身体にはお気をつけください。

以上、新人鍼灸師のiでした。

母がこれを読んでいない事を願っています。。。

冷えから起こる症状はたくさんあります。

2020.12.16 | Category: 平野区,気分めいり,治療,肩こり,自律神経調整,鍼灸,頭痛

15日から急に冷え込んできましたね。

嵐のような風も相まって冷え込みがより一層辛く感じます。

今週は冷え込みがこのまま続くようなので暖かくしてお過ごしください。

 

さて、冷え込んできて「頭痛」や「眼精疲労」の患者様が増えてきました。

首や肩の辺りが寒くなると意識しなくてもグッと力が入る状態になりやすいので

コリやこわばりが起こりやすく、酷くなると頭痛や眼精疲労の症状に繋がりやすくなります。

なぜかというと症状が起こる頭部へは血液やリンパの循環の際に肩や首を通りますが

コリやこわばりによってうまく筋肉が動きにくい状態になると酸素や栄養を頭部へ運びにくくなります。

十分な量が届かないと頭がボーっとしたり判断能力が落ちたりしやすくなりますし

しばらく届きにくい状態が続くと頭痛や眼精疲労に至ると考えられます。

 

対策としては普段から温めたり、ストレッチや運動で首や肩の周りをほぐすのが良いでしょう。

ただ、現代人の生活はパソコン作業のような上半身の動きが固定されてしまうものが多いので

積極的に努力してもなかなかうまく解消しにくいかもしれません。

そんな時は当院で針治療をお勧めします。

辛い肩こり、肩回りの重ダルさなどを解消して頭をスッキリさせましょう。

ご予約のお電話お待ちしております。

背中のこわばりが増えてきました。

2020.12.09 | Category: 平野区,気分めいり,治療,肩こり,腰痛,自律神経調整,鍼灸,頭痛

今週から来週にかけて寒さが増す予報が出ています。

本格的な冬の寒さの到来と共に乾燥も進むと思われますので

感染症対策もしっかり行っていきましょう。

 

さて最近よく見かける症状として「背中のこわばり」があります。

季節的に寒さによって首や肩に力が入ることで背中も硬くなりやすいのですが

ストレスや緊張が続くような状態にさらされたりすると

身体はグッと力が入ったままになることがあります。

自律神経の乱れなども筋緊張が取れなくなる理由になりますので

適度に気分転換などしてリラックス、ストレス発散出来るように心がけましょう。

 

お家では首や肩のあたりをストレッチなどで身体をほぐしたり、

しっかり肩までお風呂で浸かるなどして身体の緊張を溜めないようにしましょう。

身体の緊張は寝違え、ぎっくり腰などを引き起こす原因にもなります。

当院の針治療もお勧めですのでお悩みの方はぜひお試しください。

ご予約のお電話、お待ちしております。