LINE TEL

平野区瓜破・松原市・八尾市 針田整骨院

Blog記事一覧 > 肩こりの記事一覧

緊張型頭痛と当院からのお知らせ。

2020.12.30 | Category: 平野区,当院からのお知らせ,気分めいり,治療,肩こり,自律神経調整,鍼灸,頭痛

今回は頭痛の中でも一番多いと言われている「緊張型頭痛」についてご紹介します。

 

その名の通り体の緊張からくる頭痛になります。

この頭痛は運動不足や生活習慣などから肩や首のコリが酷くなると

血流の流れが悪くなったり筋肉の緊張状態が続くことで起こりやすくなります。

慢性的な強いストレスにさらされて自律神経が乱れたり、

ずっとパソコンやスマートフォンの画面を見て目の周りの筋肉が緊張し続けることで

首や肩の緊張が起こり緊張型頭痛に至ることも多いです。

今の現代人の生活スタイルではこの頭痛が起こりやすいとも言えます。

 

症状としては

・首肩のコリや疲労感

・ギューッと締め付けるような感じがする

・仕事などを頑張っていると起こる

・目がとても疲れる

などを伴うことも多く継続して起こることもよくあります。

 

一般的な市販薬などのお薬を服用することで痛みを和らげたりすることも出来ますが

根本的な解決とはなりませんので運動や生活習慣の見直しをされることが大事です。

当院では解消していく手立てとしてハリ治療をお勧めしています。

肩や首周りの筋肉の緊張を和らげて頭部への血流の流れを良くします。

定期的に続けることで緊張しにくくして頭痛を起こさないようにしましょう。

 

~お知らせ~

本年の営業は本日12月30日(水曜日)の午前中まで、来年の営業は1月5日(火曜日)からとなります。

本日より年末年始にかけて寒い日が続くようですので体調を崩さないように気を付けましょう。

来年も皆様の御来院を心よりお待ちしております。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)の症状。

2020.12.23 | Category: 平野区,治療,肩こり,鍼灸

皆様は「肩関節周囲炎」という症状をご存じでしょうか。

一般的には「四十肩・五十肩」と呼ばれる肩回りの症状のことです。

四十、五十の年齢に伴う症状のように思われがちですが

ある程度の年齢より上になれば誰にでも起こりうる可能性がありますので

四十肩、五十肩という名前の数字は参考程度とお考えください。

 

さて、この肩関節周囲炎の特徴ですが

・腕を挙げたり肩を動かしにくくなる

・夜間に肩が痛くなる(昼間でも起こるときがあります。)

・肩回りに突然痛みが出てくる

などが挙げられます。

ご自身の髪の毛に触れたり腰に触れたりするような動作がしづらいのも

この肩関節周囲炎に当てはまる症状の一つです。

日常生活の中での腕の動きに影響してきますので生活に支障をきたすことも多くなります。

 

原因がはっきりしているわけではないのですが

肩関節やその周辺の組織で老化や使い過ぎによって炎症が起きることで

痛みや動きづらさに繋がるのではないかと考えられています。

自然回復するとは言われていますがそのままで必ず完治するとは限りません。

回復してもその期間は数か月から数年におよび、ある日突然良くなることもあります。

 

この肩関節周囲炎ですが当院ではハリ治療をお勧めしています。

直接患部の奥に刺激を伝えて内部の血行を良くすることで回復を促します。

治療期間は長くなるかもしれませんが辛い症状を少しでも早く治しましょう。

肩関節周囲炎でお悩みの患者様の御来院をお待ちしております。

冷えから起こる症状はたくさんあります。

2020.12.16 | Category: 平野区,気分めいり,治療,肩こり,自律神経調整,鍼灸,頭痛

15日から急に冷え込んできましたね。

嵐のような風も相まって冷え込みがより一層辛く感じます。

今週は冷え込みがこのまま続くようなので暖かくしてお過ごしください。

 

さて、冷え込んできて「頭痛」や「眼精疲労」の患者様が増えてきました。

首や肩の辺りが寒くなると意識しなくてもグッと力が入る状態になりやすいので

コリやこわばりが起こりやすく、酷くなると頭痛や眼精疲労の症状に繋がりやすくなります。

なぜかというと症状が起こる頭部へは血液やリンパの循環の際に肩や首を通りますが

コリやこわばりによってうまく筋肉が動きにくい状態になると酸素や栄養を頭部へ運びにくくなります。

十分な量が届かないと頭がボーっとしたり判断能力が落ちたりしやすくなりますし

しばらく届きにくい状態が続くと頭痛や眼精疲労に至ると考えられます。

 

対策としては普段から温めたり、ストレッチや運動で首や肩の周りをほぐすのが良いでしょう。

ただ、現代人の生活はパソコン作業のような上半身の動きが固定されてしまうものが多いので

積極的に努力してもなかなかうまく解消しにくいかもしれません。

そんな時は当院で針治療をお勧めします。

辛い肩こり、肩回りの重ダルさなどを解消して頭をスッキリさせましょう。

ご予約のお電話お待ちしております。

背中のこわばりが増えてきました。

2020.12.09 | Category: 平野区,気分めいり,治療,肩こり,腰痛,自律神経調整,鍼灸,頭痛

今週から来週にかけて寒さが増す予報が出ています。

本格的な冬の寒さの到来と共に乾燥も進むと思われますので

感染症対策もしっかり行っていきましょう。

 

さて最近よく見かける症状として「背中のこわばり」があります。

季節的に寒さによって首や肩に力が入ることで背中も硬くなりやすいのですが

ストレスや緊張が続くような状態にさらされたりすると

身体はグッと力が入ったままになることがあります。

自律神経の乱れなども筋緊張が取れなくなる理由になりますので

適度に気分転換などしてリラックス、ストレス発散出来るように心がけましょう。

 

お家では首や肩のあたりをストレッチなどで身体をほぐしたり、

しっかり肩までお風呂で浸かるなどして身体の緊張を溜めないようにしましょう。

身体の緊張は寝違え、ぎっくり腰などを引き起こす原因にもなります。

当院の針治療もお勧めですのでお悩みの方はぜひお試しください。

ご予約のお電話、お待ちしております。

 

急な症状は寒さからも起こります。

2020.11.18 | Category: コロナウイルス,平野区,当院からのお知らせ,治療,肩こり,腰痛,鍼灸,頭痛

今週は暖かい日が続いています。

本来この時期であればもう冬を意識するような服装や景観などがたくさん目に入るものですが

今年は新型コロナの影響で出歩くことが減ったためか印象に残りにくいですね。

新型コロナのワクチンの報道がいくつかされていますが

世の中に出回って実際に感染者数が減るまで安心は出来ません。

感染者も増加傾向にあるようなので引き続き注意していきましょう。

 

さて、本来は寒い季節のこの時期。

患者さんの身体にも寒さをこらえようとして起こる症状が増えてきています。

寒くなると身体はグッと力が入れて熱を逃がさないようにしようとするのですが

その際に力が入り過ぎたり、うまく抜けなくなったりすることがあります。

 

最近来られた患者さんは肩回りの緊張が強くなって首も硬くなり

そこからさらに眼精疲労や頭痛を患うようになっていました。

本人がおっしゃるには今までそれらの症状になることもあったようですが

特に冬場の時期になることが多いとのことでした。

 

そのような症状によくなる方は寒くなりきる前に

身体を動かしたり当院で身体のケアをして「なりにくい身体」にしていきましょう。

早いうちから続けていくとさらに効果的です。

ぜひ寒さ知らず、冷え知らずな体を目指しましょう。

ご予約のお電話、お待ちしております。

 

~お知らせ~

来週23日(月曜日)は勤労感謝の日のため当院はお休みとなります。

ご不便おかけしますがよろしくお願いいたします。

気温差が大きいと自律神経への負担も大きくなります。

2020.11.11 | Category: 平野区,治療,肩こり,腰痛,自律神経調整,鍼灸,頭痛

徐々に寒さが堪えるようになってきました。

朝晩はとても冷え込んでいますが日中の気温は

二十度近くの日もあるのでまだ過ごしやすかったりしますね。

ただ、このような寒暖差の大きい日は体への負担も大きくなりやすいので注意が必要です。

 

人の体は感じ取った感覚から自律神経が自然に体のバランスを保つように出来ていますが

体の負担が大きくなるとその調整機能が鈍くなったり極端になったりします。

夏場にクーラーで寒いくらいに冷やされた部屋と屋外を行き来すると

寒暖差でクラクラすることがあると思いますがそのような日が続くと

徐々に体がぐったりしてきて、そのうち夏バテになったりします。

それと同じように体の中では微妙な変化に対して様々な反応が起こっているのです。

 

冬の体は寒さから体を守ろうとする反応が多くなりますが

力が入ることで逆に硬くなりすぎることもありますので

日頃から体の負担を減らしてなりにくくするようなケアも大事になってきます。

夏とは逆で暖房のかかった部屋と寒い屋外の行き来が多くなりますが

寒さに耐えようと力が入りやすい状況になることで

結果的に急な腰痛や寝違えのような症状も出やすくなったりもします。

普段からなりやすい自覚のある方や違和感を感じやすい方は特に注意しておきましょう。

 

自律神経の乱れは手足の冷えや不眠などの症状にも繋がります。

当院では自律神経調整のはり治療や体の負担を減らすようなマッサージなども行っておりますので

違和感を感じられたら症状が酷くならないうちに早めの来院をお待ちしております。

冬への変わり目には体調の変化にご注意を。

2020.11.04 | Category: コロナウイルス,平野区,東洋医学,気分めいり,治療,肩こり,自律神経調整,鍼灸,頭痛

すでに朝晩が寒くなってきていますが皆さんは秋を感じられたでしょうか。

今年は新型コロナの影響が強いためか患者さんからも秋の印象があまりないと言われることが多いです。

本来であれば色づいていく景色や美味しい食べ物など秋らしい楽しみもたくさんありますが

気候の変動が乏しいからか、それとも外に出る機会が減ったからなのかは分かりませんが

年々今までより秋を感じる機会が少なくなっているように思います。

寒くなるこれからの季節は気分的にも暗くなりがちです。

ちょっとでも素敵な秋を感じて明るくなれると良いですね。

 

さて、二十四節気という言葉をご存じでしょうか。

太陽の動きを参考に一年を春夏秋冬の四つの季節に分け、

さらにそれぞれを六つに分けた二十四の期間のことを言いますが

その中でも冬の訪れ、冬の始まりと言われる「立冬」がもうすぐやってきます。

季節の変わり目にあたり体調を崩しやすいともいわれますので

寒い冬をしっかり乗り切るためにも十分な休息と栄養を取るようにしましょう。

 

実際すでに寒さが増してから肩こりが酷くなって

頭痛や眼精疲労を訴える患者さんが増えています。

人の体は寒いと体をこわばらせて寒さに耐えようとしますが

その際に体の緊張感も増してしまうことから

適度にその緊張感を抜いてあげないとずっと力が入ったままになってしまいます。

肩や首を大きく動かしたり、温かいお風呂に肩まで浸かったりして溜めないようにしましょう。

 

どうしてもつらさが抜けない時は当院で針治療やマッサージをお試しください。

定期的に受けることで溜めにくい体へ変えていきましょう。

ご予約のお電話お待ちしております。

体を動かす習慣を作りましょう。

2020.10.21 | Category: 体幹,平野区,治療,肩こり,腰痛

明け方の気温が冷え込んできました。

さすがに10度前後の気温ともなると寝冷えしやすくなります。

1日くらいであればまだ大丈夫かもしれませんがそんな気温が続くと体にも堪えます。

まだまだ本格的な冬の到来は先ではありますが

しっかり冬支度をして暖かくお過ごしください。

 

そんな冷え込んだ日が続いているためか最近来院される患者様からは

「衣替えをして体が痛い」「冬の布団に入れ替えたら腰が重だるい」などの

普段とは違う動きをしたことで起こる症状が見受けられます。

何かしようとして急に体を動かすと後日に

筋肉痛が出てきたくらいであればまだ良いのですが

内容によっては筋肉や関節を痛めるような症状もあり得ますので注意が必要です。

 

このような症状は急に出てきたように感じますが

実際は原因となるものが普段から体の中でくすぶっているような状態があって

ちょっとしたきっかけで痛くなることが多いです。

なかなか時間が確保できないことも多いかと思いますが

簡単なストレッチや関節を大きく動かすだけでもかなり違いますので

普段から体を動かす習慣を作ってケガをしにくい健康的な体を目指しましょう。

 

冬は代謝の上がる季節でもありますので

美容、健康、ダイエットなど様々な効果が期待できます。

少しでも興味をもたれたら「思い立ったら吉日」とも言います。

分かりやすいラジオ体操からでも構いません。

気軽にトレーニングをはじめてみましょう。

腰痛、寝違い、足が攣る症状は冷えからも起こります。

2020.10.07 | Category: 平野区,治療,肩こり,腰痛,鍼灸

10月に入って朝晩の気温が一段と下がり急に肌寒く感じることが増えました。

今週は雨模様だったり週末には台風がやってくるとの予報も出ています。

また所によってはゲリラ豪雨のような雨が降るかもしれませんので

お天気の急変にはどうぞご注意ください。

 

さて、気温が下がり始めて当院でも見る機会が増えた疾患がいくつかあります。

それは「腰痛、寝違い、足が攣る」などの症状です。

気温が下がると身体の動きが鈍くなり、血流の流れも普段より循環しづらくなります。

循環が滞ると隅々にまで酸素や栄養を送りこみにくくなるため

普段より回復もしにくくなることから疲労感が残りやすくなって

身体の不具合も起こりやすくなるという良くない状況に陥ります。

 

そんな時にちょっとした刺激が入ると「腰痛、寝違い、足が攣る」などの症状へ発展します。

患者様はよく「何もしてないんだけど」と言われますが

意外と身体には見えない形で疲労が蓄積していることが多いです。

特にこれからの季節は腰や手足の冷えを伴ってさらに症状が出やすくなります。

普段からストレッチなどで身体をよくほぐしておく、しっかりお風呂で身体を温めるなど

生活習慣の見直しも良い対策となりますのでぜひご検討ください。

 

なかなかそんな事をしてられない、どうしていいか分からない。

そんな方は当院の鍼治療やフットマッサージをお勧めします。

早い時点から循環を高めて手足の末端まで冷えにくくしましょう。

皆様の来院、心よりお待ちしております。

秋にむけてリフレッシュしましょう。

2020.09.23 | Category: 平野区,当院からのお知らせ,治療,肩こり,腰痛,自律神経調整,鍼灸

皆様、この連休はどう過ごされましたか?

当院も20日から22日の三日間お休みをいただいておりましたが

本日23日より通常営業となっております。

水曜日ですので午前診のみではございますが皆様の御来院お待ちしております。

 

さて、関東のほうに台風が向かっているようですが

昼間の日差しのキツさが和らいで夜には虫の声が聞こえたりと

全国的には気温も徐々に秋に変わりつつあります。

 

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋などの「秋と言えば○○」と言う言葉がありますが

皆様の中ではどんな言葉を連想されますか?

夏の暑さが和らいで過ごしやすくなり

体の負担が減った分、何かを始めるには良い季節とされています。

油断しているとあっという間に冬がやって来るだけに

集中して何かを始めたら良いリフレッシュになるのではないでしょうか。

 

気持ちの良いリフレッシュをするためにも

夏の疲れを残さないように体のメンテナンスもしておきましょう。

冬の冷え対策にもなりますのでぜひ一度お試しください。

御予約のお電話、お待ちしております。