LINE TEL

足指とぎっくり腰の関係性 | 平野区瓜破・松原市・八尾市 針田整骨院

Blog記事一覧 > 平野区,当院からのお知らせ,治療 > 足指とぎっくり腰の関係性

足指とぎっくり腰の関係性

2021.09.13 | Category: 平野区,当院からのお知らせ,治療

鍼灸師のiです。本日はぎっくり腰と足指の関係について少しお話していきます。

ぎっくり腰は腰の筋肉に負荷がかかり、炎症を起こしている状態の事を言います。急に重たい荷物を持つ動作以外にも、掃除・洗顔の際の前かがみ姿勢によって痛めてしまう事が多々あります。

前かがみ姿勢は日常でも頻繁に行う動作ですが、以前からご紹介している浮き指の方は、重心が後方に下がっている事で常に腰に負荷がかかっており、前かがみになる事で腰の筋肉が急に動き過ぎてしまい、傷ついてしまう可能性が高くなります。

一般的にぎっくり腰の痛みは安静を保てば数日〜数週間で和らいでいきますが、根本的な原因を改善しなければ再発する可能性が高いです。上記の様な、日常的な動作の中でよく腰を痛める方は一度当院に来院していただければと思います。

以上、鍼灸師のiでした。

おしらせ